本文へスキップ

おひさま動物病院です。

定期健康診断HEADLINE

定期健康診断を受けて、病気の早期発見・治療をしませんか?

ワンちゃん・ネコちゃんは人でいうと1年に4〜5歳年をとっていきます。
大型犬では7歳年をとるとも言われており、早いスピードで中・高齢期を迎えることになります。

少しでも長く愛するペットと一緒に暮らすためにも、健康診断をおすすめいたします。

ペットの変化に気付くためには、日頃の健康時の状態を知っておくことが必要です。

おひさま動物病院では、
10・11・12月限定でお得に受けられる健康診断を行っております。内容によって3つのコースをご用意いたしております。

※来年からは9・10・11月限定で行います。

<犬猫と人間の標準年齢換算表>
 犬猫  人間  犬猫  人間
 1ヶ月  1才  7年  44才
 2ヶ月  3才  8年  52才
 3ヶ月  5才  9年  56才
 6ヶ月  9才  10年  60才
 9ヶ月  13才  11年  64才
 1年  17才  12年  68才
 1年半  20才  13年  72才
 2年  23才  14年  76才
 3年  28才  15年  80才
 4年  32才  16年  84才
 5年  36才  17年  88才
 6年  40才  18年  92才
※大型犬は老化が早く、換算表よりも多く年をとります。


秋の健康診断

お手軽コース
(予約不要ですが午前11時/午後6時30分までに受付をお済ませください)

  一般身体検査(問診・視診・触診・聴診)
  血液検査(血球計算・血液生化学16項目)
  糞便検査
  尿検査

一般コース
(予約不要ですが午前11時/午後6時30分までに受付をお済ませください)
  一般身体検査(問診・視診・触診・聴診)
  血液検査(血球計算・血液生化学16項目)
  糞便検査
  尿検査
  胸部・腹部レントゲン
  
しっかり安心コース (半日入院で予約必要)
  一般身体検査(問診・視診・触診・聴診)
  血液検査(血球計算・血液生化学16項目)
  糞便検査
  尿検査
  胸部・腹部レントゲン
  心臓・腹部超音波検査


6歳以上のワンちゃんには、老齢犬の好発疾患である、「甲状腺機能低下症」の検査を追加で受けられることをお勧めします。

ネコちゃんには、腎臓病を早期に発見することの出来る「SDMA」を強くおすすめします。
今までの血液検査では気付くことのできなかった、腎臓の変化がわかります。
また、シニア猫の10頭に1頭は「甲状腺機能亢進症」を発症していると言われています。
こちらも追加の検査で大まかな診断が出来ます。

詳しくお知りになりたい場合は、スッタフまでお気軽にお問合せください。
今年2022年は12月15日で健診受付終了となります。

ナビゲーション


おひさま動物病院
〒960-8153 福島県福島市黒岩字遠沖10-20
TEL.024-573-1844